BlocKeyというアクリルキーホルダーを組んだ

こんばんは、@hdbx(英)です。今夜もよろしくお願いしますー。

さて、以前キットを購入し、なんやかんやと忙しくて積みキーとなっていたBlocKeyを最近になってようやく作りました。

  • BlocKeyとは
    ゆかり (@eucalyn_) | Twitterさんが開発された、超絶かわいいアクリルキーホルダーです。
  • 組み立てキットは↓で販売されています。私はマットクリアを購入しました。 eucalyn.shop

  • 使用しているツール類はこちらの記事をご参照くださいませ。 hdbx.hateblo.jp

  • キースイッチの色や見た目を自分好みにしたかったので、キットに付いてくるものとは別に、7mm高の4pin color tact switchとか、transparentな6*6mm round button capなんかをAliExpressで購入して使用しています。

まずビルドガイドと基板を眺める

ビルドガイドはBlocKey組み立ての手順 - ゆかりメモ です。一通り最初から最後まで目を通しておきます。

基板はちっちゃくてごちゃごちゃしてます。どこにどういう部品が配置されるのかよく見ます。このときケースも配置してどこにアクリルが乗るのかとかも見ておくべきです。見ておくべきだったなぁ……
あ、いつものように作業に入る前に、先にProMicroのモゲ防止 は施していますよ。
f:id:hdbx:20181126004433j:plain

ダイオードをはんだ付け

D59は方向が違うので注意です! f:id:hdbx:20181126004606j:plain

ピンヘッダーをはんだ付け

こんな感じで仮固定してみて、
f:id:hdbx:20181126004734j:plain

ピンヘッダーのピンが基板から突き出さないようにニッパーでカット

ピンをカットしてないのでこれは悪い例です。カット後、両端の1ピンだけをはんだ付けして、基板からの浮きや方向のズレが無いように調整してから、残りをはんだ付けします。 f:id:hdbx:20181126005111j:plain こんなに突き出てるのは論外なのです。 f:id:hdbx:20181126005316j:plain がんばってカットしたけど、これでもダメなのです。繰り返しますが、先にピンヘッダーを基板から突き出さないようにカットしてからはんだ付けしてください。 f:id:hdbx:20181126005403j:plain ここのピンはアクリルケースに干渉します。完全に基板とツライチにしないとケースが浮きます。 f:id:hdbx:20181126011748j:plain

リセットスイッチをはんだ付け

4箇所付けます。表面実装ダイオードと同様に、片方2つのパッドに予備ハンダしてから上から押さえる感じで付けます。 f:id:hdbx:20181126005539j:plain

キースイッチ(タクトスイッチ)をはんだ付け

ピンヘッダーで横着した結果がこのがちゃがちゃに傾いたキースイッチです。なんとかせねばなりません。 f:id:hdbx:20181126005901j:plain ピンヘッダー側はもうこれ以上ニッパーでは処理できなさそうなので、スイッチの底面をホビーやすりとデザインナイフで削りました…… f:id:hdbx:20181126005857j:plain オッケーオッケー!! f:id:hdbx:20181126005840j:plain こんな感じの色でいきます!ということで、背面から黙々とはんだ付けします。一つのスイッチに足が4本あります。はんだ付けの際は見えない裏側のスイッチを意識しつつ、4本づつ丁寧に、隣のパッドとブリッジしたりしないように気をつけながら作業していきます。 f:id:hdbx:20181126010238j:plain ProMicroと干渉しないように、キースイッチの足を短く切り落とします。 f:id:hdbx:20181126010458j:plain

ProMicroをはんだ付け

ProMicroと接触してもショートしないようカプトンテープを貼っておきます。 f:id:hdbx:20181126010629j:plain ピンヘッダーの余分をProMicroとツライチの長さでニッパーでカット。 f:id:hdbx:20181126010651j:plain はんだ付けしました。ボトムプレートに対してちゃんとクリアランスが確保できたっぽいです。 f:id:hdbx:20181126010917j:plain

Underglowテープをはんだ付け(光らせない場合は不要)

テープの裏面にはクッション両面テープを貼ります。 f:id:hdbx:20181126011008j:plain 最初はこんな感じで配置してたんですよね…… f:id:hdbx:20181126011141j:plain テープと電線に予備はんだをしてですね…… f:id:hdbx:20181126011300j:plain よっしゃ!でけたで!!ってね…… f:id:hdbx:20181126011241j:plain !!!盛大にケースに干渉してしまうことが発覚…… f:id:hdbx:20181126011341j:plain 一番キツいところを思い切ってハサミでカットしちゃったりしてみました(推奨しません) f:id:hdbx:20181126011516j:plain なんとか収めた f:id:hdbx:20181126011610j:plain

LEDが増えたのでQMKを修正

勢いに乗ってLEDテープをガッツリ14個も配した手前、ちゃんと設定しないと4つしか光りません。(もともとキットには4つしか入ってないので)

QMK firmwareのdefaultキーマップをコピーして自分の名前に変えたやつを設定してたんですが、defaultフォルダ内には個別のconfig.hがなかったので、自分のキーマップに上の階層にあるconfig.hをコピーして持ってきて、 18,19行目を

#ifndef CONFIG_USER_H
#define CONFIG_USER_H

としてやって、自分キーマップ用config.hを適用し、さらに55行目あたりでdefaultの4個を14個に改めるべく、

#undef RGBLED_NUM
#define RGBLED_NUM 14

と書き加えてやりました。 ビルドして焼いていよいよ完成です。

完成

f:id:hdbx:20181126011906j:plain f:id:hdbx:20181126004330j:plain

f:id:hdbx:20181202000038j:plain
#旅するキーボード
😃